法人税は工夫次第で節税可能~頼れる税理士さんを見つける強み~

法廷

白と青と税理士のこと

税理士

個人で事業を行っているフリーランスの人も多いですが、20万円を超える収入がある場合には確定申告を行う義務があります。フリーランスの確定申告のは2種類あり、白色申告と青色申告とそれぞれ呼ばれています。フリーランスの収入全ては儲けとして考えることはできません。なぜなら、仕事を行う上で必要となるものを購入したり、事務所やオフィスを借り、仕事の移動には掛かる交通費も収入から捻出するからです。どうやっても収入を得るためも必要経費が発生してしまうため、全てを儲けとして申告することはありません。必要経費を差し引いた額を申告することができるのです。しかし、どのような形態で事業を運営しているかは各々に違いがあり、基準を定め同一に申告させることは不公平となってしまう事業主が出て来てしまいます。そのため、おおまかな経費計算で申告することが可能な白色申告と、細かい記載が必要となるが控除額を多くすることができる青色申告の2種類があるのです。

白色申告と青色申告には大きな違いがあります。しかし、自分がどちらの申告方法を行うと良いのかは中々分からないものです。特に確定申告や税のことに対しての知識が浅い人にとっては難問でしょう。フリーランスの所得が低く収入が安定しない人や、経費の額が少ない人の場合、白色申告を行う方が良いです。事務負担も少なく、収入が300万円以下の場合には面倒な帳簿を書く必要もないためです。しかし、フリーランスとしての収入があり、経理を行う時間が作れたり任せられる人がいる場合には青色申告を選択すると良いです。最大65万円まで特別控除を受けることができるため、得られるメリットが大きいと言えます。また、個人で確定申告をすることが困難だという人は、個人の確定申告を代行してくれる税理士事務所に依頼しても良いでしょう。節税についてのアドバイスも聞くことができるため、無駄な税金を払うことを防ぐことができます。経理が苦手な個人事業主の方には、最適で親切なサービスと言えるでしょう。