法人税は工夫次第で節税可能~頼れる税理士さんを見つける強み~

法廷

色々な節税方法を知ろう

本を見る

会社の経営が軌道に乗り、大きな利益を出すことはとても嬉しいことです。しかし、儲かることで額が大きくなってしまうものがあります。それが法人税です。会社の儲け額が大きくなればなるほど、税金の負担が重くなっていくというのが現実です。しかし、法人税はちょっとした工夫により抑えることが可能となります。節税方法は色々ありますが、例えば社宅と言うなの自宅を建てることで節税は行うことが可能なのです。会社を経営している社長さんなどが自宅を建てようと考えた場合、個人名義で建設するのではなく会社名義の社宅として建てることが望ましいです。自宅を社宅という肩書にすることで、法人税だけでなく事業税や相続税などを節約することができるのです。社宅となれば会社の資産として運用することができるため、社長である自分自身に社宅として賃貸することが実質可能となります。建物を建てたことで不動産所得税などの費用が発生してしまいますが、社宅として扱うことでそれらの費用は損金として扱うことができるのです。勿論賃貸として借りていることになるため家賃は発生するため、金家賃額の設定などは法人税を考慮して事前に確認しておくことが大切となります。

節税に関しての知識を有することで、会社が支払う法人税は大幅に節税することができます。しかし、自分だけで行うには不安があるという人の場合には、税理士に相談してみても良いでしょう。良い方法を一緒に考えてくれますし、税金に関しての深い知識でサポートしてくれます。また、最近では保険によって節税対策を行う人も増えています。保険で節税なんてできるのかと疑問に感じる人も多いでしょうが、生命保険を使っての節税は損害が出にくい方法と言えるのです。保険を利用しての節税方法を提案しアドバイスを行ってくれる会社があり、そこには保険に精通したアドバイザーが多数在籍しています。専門のコンサルタントからアドバイスを受けることで、損をすることなく安心して節税を行うことができるのです。アドバイスの料金を無料としているところもあるため、一度利用してみてはいかがでしょうか。